福井敬

2013年 舞台鑑賞記録

01) 02.08 サロネン;アンスネス:フィルハーモニア管弦楽団
     サントリーホール
        ベートーヴェン:『シュテファン王』序曲
                            :ピアノ協奏曲第4番
        【アンコール】
         ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ22番第2楽章
         マーラー:交響曲第1番 「巨人」
        【アンコール】
         シベリウス:悲しきワルツ
  http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-1188.html

02) 02.26 ハーゲンカルテット 
      トッパンホール
    ベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲演奏会I
     第1番ヘ長調 Op.18-1
     第16番ヘ長調 Op.135
     第7番ヘ長調 Op.59-1《ラズモフスキー第1番》

03) 02.27 ハーゲンカルテット 
      トッパンホール
     ベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲演奏会II
       第11番ヘ短調 Op.95
         第10番変ホ長調Op.74《ハープ》
         第6番変ロ長調Op.18-6

04) 03.01 ハーゲンカルテット 
      トッパンホール
     ベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲演奏会III
       第15番イ短調 Op.132
         第8番ホ短調 Op.59-2《ラズモフスキー第2番》

05) 03.29 東京春音楽祭 アレクサンドル・メルニコフ
     東京文化会館 小ホール
         F.Schubert:幻想曲 ハ長調(さすらい人幻想曲)D.760
                        :3つの小品 D.946
         J.Brahms:シューマンの主題による変奏曲 Op.9
                      :幻想曲集 Op.116
        【アンコール】
         S.Prokofieff:つかの間の幻影 Op.22
         R.Schumann:子供の情景より第一曲、知らない国々
         F.Chopin:練習曲Op.10より第四曲
   http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-4e66.html

06) 04.10 ステファヌ・ドゥヌーヴ:シュトゥットガルト放送交響楽団
     サントリーホール
       ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 op.77 三浦文彰
    【アンコール】 
       J.S.バッハ:
            無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番より
                    サラバンド
        ベルリオーズ:幻想交響曲 op.14
       【アンコール】
       ビゼー:アルルの女第二組曲から「ファランドール」 
       ラヴェル:『マ・メール・ロワ』からパゴダの女王レドロネット
   http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-9c78.html

07) 04.20  ユジャ・ワン
     彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール
       スクリャービン:ピアノ・ソナタ第2番 嬰ト短調
                               作品19「幻想ソナタ」
                   ピアノ・ソナタ第6番 作品62
       ラヴェル:ラ・ヴァルス
       リーバーマン:ガーゴイル 作品29
       ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調
                   作品36(1931年改訂版)
     【アンコール】
       ラフマニノフ:《幻想小品集》作品3より 第1曲〈エレジー〉
       シューベルト(リスト編曲):糸を紡ぐグレートヒェン
       ビゼー(ホロヴィッツ編曲):《カルメン》のテーマによる変奏曲
       ショパン:ワルツ第7番 嬰ハ短調 作品64-2
  http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-6180.html

08) 04.23 ルノー・カプソン ピアノ:ダヴィッド・カドゥシュ
     トッパンホール 
       ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ
       グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ第3番ハ短調Op.45
       R.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ変ホ長調Op.18
      【アンコール】
      コルンゴルト:歌劇《死の都》 Op.12より マリエッタのアリア
      レーガー:ロマンス ト長調
  http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-8530.html

09) 05.10 成田達輝 ピアノ:テオ・フシュヌレ
     トッパンホール
     ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第8番ト長調 Op.30-3
     フォーレ:ヴァイオリン・ソナタ第2番ホ短調 Op.108
     シマノフスキ:《神話》Op.30より〈アレトゥーサの泉〉
     フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
    【アンコール】
     サン=サーンス:ロンド カプリチオーソ
    ドビュッシー:美しき夕べ
    パガニーニ:24の奇想曲より 第1番 ホ長調 

10) 05.13  アンドレアス・オッテンザマー ピアノ:菊池洋子
     武蔵野文化会館 小ホール
     チマローザ:協奏曲
       ウェーバー:コンチェルティーノop.26
       バーンスタイン:クラリネットとピアノのためのソナタ
       シューマン:幻想小曲集 op.73
       ビーチ:子守歌
       シュポア:幻想曲とダンツィの主題による幻想曲 op.81
       ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女
       ガーシュイン:3つの前奏曲より
                        Ⅰ.Allegro ben ritmato e deciso
       アレック・テンプルトン:ポケット・サイズ・ソナタ第1番より
                        Ⅰ.Improvisation
                        Ⅲ.In Rhythm
      【アンコール】
       プーランク:クラリネット・ソナタより第3楽章
       モンティ:チャルダッシュ
       フォーレ:組曲「ドリー」より子守唄
  http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-f578.html

11) 06.12 マキシム・ヴェンゲーロフ ピアノ:ヴァグ・パピアン
          ヴェンゲーロフ・フェスティヴァル2013 リサイタル
    サントリーホール 
       ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第10番 ト長調 作品96
       フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
       サン=サーンス:ハバネラ 作品83
                           :序奏とロンド・カプリチオーソ イ短調 作品28
      【アンコール】
       フォーレ 夢のあとに
       ブラームス ハンガリー舞曲5番
       マスネ タイスの瞑想曲
  http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-443a.html

12) 07.14 英国ロイヤル・バレエ団「白鳥の湖」
     東京文化会館大ホール
     マリエネラ・ヌニュス、ティアゴ・ソアレス
  http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/2013-c047.html

13) 08.21 ヴィシニョーワの華麗なる世界 Bプロ
     ゆうぽうとホール 
 ●「ドリーブ組曲」メラニー・ユレル マチアス・エイマン
  ●「レダと白鳥」上野水香 イーゴリ・コルプ
  ●「タランテラ」アシュレイ・ボーダー ホアキン・デ・ルース
  ●「精霊の踊り」デヴィッド・ホールバーグ
  ●「真夏の夜の夢」エレーヌ・ブシェ ディアゴ・ボァディン
  ●「カルメン」ディアナ・ヴィシニョーワ
               マルセロ・ゴメス イーゴリ・コルプ
                後藤晴雄 奈良春夏 東京バレエ団
  ●「眠れる森の美女」より第3幕のパ・ド・ドゥ
                メラニー・ユレル マチアス・エイマン
  ●「チーク・トゥ・チーク」上野水香 ルイジ・ボニーノ
  ●「ナウ・アンド・ゼン」エレーヌ・ブシェ ティアゴ・ボァディン
  ●「パリの炎」アシュレイ・ボーダー ホアキン・デ・ルース
  ●「椿姫」より第3幕のパ・ド・ドゥ 
                ディアナ・ヴィシニョーワ マルセロ・ゴメス
                ピアノ:菊池洋子
 http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/b-03df.html

14) 09.17 モディリアーニSQ
     埼玉会館 
      ハイドン:弦楽四重奏曲第67番「ひばり」第1楽章
      ラヴェル:弦楽四重奏曲
       【アンコール】
      ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏のための2つの小品より
                                 ポルカ
 http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-9950.html

15) 09.20 ミラノ・スカラ座「ロミオとジュリエット」
     東京文化会館 
     アリーナ・コジョカル、フリーデマン・フォーゲル
  http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-b6d1.html

16) 10.05 福井敬 スペシャルリサイタル ピアノ:谷池重紬子
     浜離宮朝日ホール
      山田耕筰 鐘が鳴ります
      山田耕筰 松島音頭
      橋田國彦 お六娘
      山田耕筰 曼珠沙華
      中田喜直 サルビア
      高田三郎 くちなし
      服部正 野の羊
      木下牧子 乳母車
      ワーグナー 「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より
       朝は薔薇色に輝き
      ヴェルディ 「リゴレット」より
       あれか、これか
       ほほの涙が
       女心の歌
      ワーグナー 「ワルキューレ」より
       冬の嵐は過ぎ去り

    年に一度の福井敬.net主催のリサイタルはいつも暖かい雰囲気の楽しいリサイタル。わが家からはアクセスがあまり良くないのでこれまで積極的に足を運ぶことがなかったけれど、福井さんのおかげで初めての浜離宮朝日ホール体験。ホール自体はこじんまりしていて悪くない。でも音響が素晴らしいという宣伝ほどには感じられず、少し地味かな。

17) 10.06 F.P.ツィンマーマン ピアノ:エンリコ・パーチェ
      トッパンホール
         J.S.バッハ ヴァイオリン・ソナタ
                第1番 ロ短調 BWV1014
                第2番 イ長調 BWV1015 
                第3番 ホ長調 BWV1016
                第4番 ハ短調 BWV1017
                第5番 ヘ短調 BWV1018
         第6番 ト長調 BWV1019
         【アンコール】
        BWV1019A Adagio
    http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/fp-f42a.html

18) 10.19 マレー・ペライア
     さいたま芸術劇場 音楽ホール 
        J. S. バッハ:フランス組曲第4番 変ホ長調 BWV 815
        ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調
                               作品57「熱情」
        シューマン:ウィーンの謝肉祭の道化
        ショパン:即興曲第2番 嬰へ長調 作品36
                   :スケルツォ第2番 変ロ短調 作品31
   http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-17ac.html

19) 11.05 P.ヤルヴィ:パリ管弦楽団
     サントリーホール
        シベリウス:「カレリア」組曲
        リスト:ピアノ協奏曲第2番イ長調 S.125
          ピアノ:ジャン=フレデリック・ヌーブルジェ
       【アンコール】
       ラヴェル:「クープランの墓」から メヌエット
         サン=サーンス:交響曲第3番ハ短調
                               op.78「オルガン付き」
      オルガン:ティエリー・エスケシュ
     【アンコール】
      ビゼー:「子供の遊び」op.22から ギャロップ
      ベルリオーズ:劇的物語「ファウストの傲罰」op.24から
         ラコッツィ行進曲
      ビゼー:オペラ「カルメン」から前奏曲
  http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-67d8.html

20) 11.08 ティーレマン:VPO
      サントリーホール 
         ベートーヴェン 交響曲第1番ハ長調op.21 
                   交響曲第2番ニ長調op.36
                    交響曲第3番変ホ長調op.55「英雄」
  http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/vpo2013-9637.html

21) 11.24  エリック・ハイドシェック
     プラザノース ホール 
        ヘンデル:前奏曲~組曲第1番 イ長調HWV426より
        J.S.バッハ:前奏曲~平均律クラヴィーア曲集
                        第2巻第19番 イ長調BWV888より
        モーツァルト:アダージョ~ピアノソナタ第4番
                         変ホ長調K.282より
        ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第5番 ハ短調 作品10-1
                    :6つのバガテル 作品126
         シューベルト:楽興の時第2番 変イ長調 作品94 D.780
        【アンコール】
         バッハ:プレリュードG minor
         ドビュッシー:前奏曲第1集 L117-6.雪の上の足跡
         フォーレ:ノクターンNo.11
         ドビュッシー:前奏曲第2集 L123-2.枯葉

   喜寿のピアニストはしっかりとした力強いタッチで、なかなか硬派の演奏。
   雰囲気はアットホームで、町内のご隠居が開いたマスタークラスとでもいったところ。特にアンコールになると、英語で身振り手振りを交えて楽しそうに説明をする。
   ドビュッシーの雪の上の足跡はユーモアがあり、かつ寂寥感もあり、まさに達人の描く世界に思わず引き込まれた。

22) 12.17 ラファウ・ブレハッチ 
     さいたま芸術劇場 音楽ホール
    ピアノ・エトワール シリーズ アンコール! vol.1
      ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第7番 ニ長調 作品10-3
        シマノフスキ:ピアノ・ソナタ第1番 ハ短調 作品8
        ショパン:夜想曲第10番 変イ長調 作品32-2
          ポロネーズ第3番 イ長調 「軍隊」・第4番 ハ短調
          3つのマズルカ 作品63
          スケルツォ第3番 嬰ハ短調 作品39
  http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-058c.html

23) 12.12 クリスティアン・ツィメルマン
    みなとみらい大ホール
         ベートーヴェン ピアノ・ソナタ
                                     第30番 ホ長調 作品109
                                     第31番 変イ長調 作品110
                                     第32番 ハ短調 作品111

24) 12.13 菊池洋子
      紀尾井ホール
       シューマン:交響的練習曲
         チャイコフスキー/菊池洋子:白鳥の湖より 情景
         アルベニス:組曲《スペイン》より タンゴ
         ベートーヴェン:エリーゼのために
         ラヴェル:ソナチネ第2楽章メルエット
         ドビュッシー:アラベスク第1番
         モーツァルト/リスト:アヴェ・ヴェルム・コルプス   
         シャブリエ:ワルツ~10の絵画風小品より スケルツォ
         リスト:愛の夢第3番
         グリュンフェルト:ウィーンの夜会
           ~J.シュトラウスⅡ《こうもり》のワルツ主題による
           演奏会用パラフレーズ Op.56
        【アンコール】
         モーツァルト:ピアノ・ソナタ変ロ長調 K.570より第3楽章
         クルターク:「遊び」より
         モーツァルト:ピアノ・ソナタ第11番
                          イ長調 K.331より第3楽章
   http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-175b.html

25) 12.21 クリスティアン・ツィメルマン
     所沢ミューズ・アークホール 
      ベートーヴェン ピアノ・ソナタ
                                   第30番 ホ長調 作品109
                                   第31番 変イ長調 作品110
                                   第32番 ハ短調 作品111

トッパンホール           6
サントリーホール          5
さいたま芸術劇場音楽ホール  3
東京文化会館大ホール          2
東京文化会館小ホール          1
武蔵野市民文化会館小ホール 1
ゆうぽうと                              1
埼玉会館大ホール                 1
プラザノースホール                1
浜離宮朝日ホール                  1
みなとみらい大ホール            1
所沢ミューズ・アークホール   1
紀尾井ホール           1

来年フィリアホールでもう一度ツィメルマンを聴く予定。みなとみらいと所沢の感想は年末年始にゆっくりまとめようかな。

それではみなさまどうぞよいお年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年舞台鑑賞総括

少し気が早いけれど、今年のまとめを書いておこう。今年はあと佐藤俊介のコンサートが予定されているのだが、行けるかどうか雲行きが怪しくなってきた。もしかすると、後から多少加筆するかもしれない。

1/22 『ブベニチェクとドレスデン国立歌劇場バレエ団の俊英たち』ゲネプロ
さいたま芸術劇場 大ホール
「ステップテクスト」
「ル・スフル・ドゥ・レスプリ」

2/20 二期会「オテロ」
東京文化会館
http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-ce45.html

3/18 パリ・オペラ座「ジゼル」
アニエス・ルテステュ&ジョゼ・マルティネス
東京文化会館
http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/318-a00e.html

4/19 アンネ=ゾフィー・ムター&ランバート・オルキス
ブラームス ヴァイオリンソナタ
サントリーホール
http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/in-c743.htm

5/13 ツィメルマン ショパン・プロ
武蔵野市民文化会館 大ホール
http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/513-8fdc.html

6/5 ツィメルマン ショパン・プロ
サントリーホール
http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/65-82c4.html

6/11 『小菅優の現在』
小菅優;樫本大進;佐藤俊介;川本嘉子;趙静;居福健太郎
さいたま芸術劇場 音楽ホール
http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/vol2-5d58.html

6/12 ツィメルマン ショパン・プロ
所沢市民文化センター ミューズ アークホール
http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/612in-dca3.html

6/18 シリーズ〈日本の歌曲と音の魔術師たち〉第38回 
信時潔III
音楽の友ホール
http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-6b74.html

6/22 ロイヤル・バレエ「うたかたの恋」
タマラ・ロホ&カルロス・アコスタ
東京文化会館
http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-014f.html

7/17 二期会「ファウストの傲罰」
東京文化会館
http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/20100717-05ef.html

7/29 エトワール・ガラ Aプロ
オーチャードホール
http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/a-729-1624.html

8/22 東京バレエ団「ドン・キホーテ」
シムキン
ゆうぽうと
http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-0e25.html

9/9 東京バレエ団「ジゼル」
アリーナ・コジョカル&ヨハン・コボー
ゆうぽうと
http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-bd73.html

9/30 ツィメルマン&ハーゲンQ
バツェヴィチピアノ五重奏、ヤナーチェクSQ#1,シューマンピアノ五重奏
武蔵野市民文化会館 大ホール
http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/930-6eb6.htm

10/1 ハーゲン・プロジェクト1
ツィメルマン&ハーゲンQ
ルトスワフスキSQ、シューマンSQ#3&ピアノ五重奏
トッパンホール
http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/101-3831.html

10/2 ハーゲン・プロジェクト2「ウィーンからの風12」
ウェーベルンSQ、シューベルトSQ#13、ベートーヴェンSQ#8
トッパンホール
http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-97f2.html

10/3 ハーゲン・プロジェクト3「ウィーンからの風13」
シューベルトSQ#14&15
トッパンホール
http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-d47f.html

10/17 マウリツィオ・ポリーニ
ショパン、ドビュッシー、ブーレーズ プログラム
サントリーホール
http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/20101017-c361.html

10/18 ポリーニ 記念講演会
サントリー ローズホール

10/27 オットー・ビーバ博士によるレクチャー・コンサート
赤池優(ソプラノ);北村朋幹;クァルテット・エクセルシオ
川口リリア 音楽ホール
http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-95c0.html

10/31 庄司紗矢香&ジャンルカ・カシオーリ
「ベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ」
さいたま芸術劇場
http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-aac3.html

11/22 マリス・ヤンソンス:RCO;アンナ・ラーソン
マーラー交響曲第3番
サントリーホール
http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/mrco3-d67d.html

12/1 アルゲリッチ セレブレーションズ
マルタ・アルゲリッチ;アルミンク:新日本フィル
シューマン&ラヴェル ピアノ協奏曲
すみだトリフォニーホール
http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/20102-a701.html

12/16 佐藤俊介 トッパンホール ランチタイムコンサート
トッパンホール
http://luncheon-today.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-185c.html

バレエ 6公演
室内楽音楽会 13公演
オペラ・声楽 3公演
オーケストラ 2公演

サントリーホール  4
東京文化会館    4
トッパンホール   4
さいたま芸術劇場  3
武蔵野市民文化会館 2
ゆうぽうと     2
所沢ミューズ    1
オーチャードホール 1
音楽の友ホール   1
川口リリア     1
トリフォニーホール 1

バレエは6公演と少なめだったが、パリ・オペラ座、英国ロイヤルはプロダクションの完成度が高くダンサーも脚本も舞台美術も衣装も照明も満足度が高い。でも最も印象が強烈だったのはアリーナ・コジョカルの踊るジゼル第2幕だった。

二期会「ファウストの傲罰」はオペラに入れているけれど、これはダンスが印象深い。そういう意味ではベジャールバレエ団とメータ指揮イスラエル・フィルの公演を見逃したのは残念だった。(高額チケットに手が出なかったのと、有名指揮者とオーケストラの演奏が必ずしもバレエを生かすというものでもないし・・・と思っていたのが失敗だった。)

今年もポリーニとツィメルマンからはたくさんの感動を受け取ることができた。また念願のアルゲリッチを聴くことができた。彼女の紡ぎだす音楽は他の誰とも異なる人肌の温度が感じられ、得難い経験だった。ヤンソンス:RCOのマーラー交響曲第3番はとても楽しみにしていた演奏だった。美しく上品な金管楽器群の響きにはうっとりさせてもらったし、アンナ・ラーソンの音量としては決して小さくないのに静かに語りかけるような歌にも心を揺さぶられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二期会「ファウストの劫罰」 2010.07.17

2010年7月17日 東京文化会館

ファウスト 福井敬
マルグリート 小泉詠子
メフィストフェレス 小森輝彦
ブランデル 佐藤泰弘

ダンサー 白河直子、木戸紫乃、斉木香里、泉水利枝、池成愛、野村真弓

合唱 二期会合唱団
児童合唱 NHK東京児童合唱団
管弦楽 東京フィルハーモニー交響楽団
指揮 ミシェル・ブラッソン
演出 大島早紀子

オペラを聴いたというよりも、舞台の総合芸術を堪能したというのが実感で、楽しかった。1階のR席だったけれどオペラグラスを持って行って良かった。

現在まだPCが修理中なので詳しくは後日まとめようと思っているけれど、この演出は、テレビ放映されたMETのものよりおもしろかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二期会「オテロ」

2010年2月20日 東京文化会館

「オテロ」はバレエでは異なる振付家の作品を抜粋で観ているが、ヴェルディのオペラで全幕を観るのは初めて。初めどの人が何の役なのか衣装の違いがあまりなくて分かりにくかったけれど、主役の福井敬が登場するとその声ですぐにわかった。二期会の公演は新国立劇場のプロダクションのように舞台美術や衣装にお金をかけていないので、多少チープな雰囲気は否めないけれど、パースペクティブを強調した手前下がりの床が上手から下手に向かって傾いているのでL側の席だった私には観やすかった。R側の席に少し空席があったのもそういったせいかもしれない。

主役はもちろん福井@オテロなのだけれど、オテロのような粗暴な役柄には少し向いていなかったかもしれない。最後デズデモーナに手をかけてからエミーリアの証言で嫉妬に狂った自分の過ちを悟ってからのオテロは福井節ともいうべき歌が聴かれた。初めて聴いたデズデモーナの大山亜紀子が迫力があり、役柄に最も合っていたように思う。今回のオケは都響で指揮のロベルト・リッツィ=ブリニョーリ共に聴きやすいヴェルディだった。バレエの演奏もこれくらいのレヴェルの演奏をしてくれたら気が散らずに舞台に集中できるのだけれど・・・

シェークスピアやヴェルディに文句を言っても仕方がないので白井晃の演出に不満がある。嫉妬や嫉みは日常生活にもよくある感情だけれど、貞淑な妻であるデズデモーナが理不尽に殺される時に見せる愛は現代のフェミニズムからすると時代錯誤も甚だしく美談とは思えない。それなのにデズデモーナが殺されることを覚悟するときに現れた十字架はいくら「アヴェ・マリア、アーメン。」と言っていても安易な気がする。テーマが暗く重いせいもあって、疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年 ダンス&音楽&舞台公演鑑賞総括

今までやったことなかったけれど、メモとして書き出しておこう。

2009年 ダンス&音楽&舞台公演鑑賞総括

1/8 「眠れる森の美女」マラーホフ&ヴィシニョーワ 東京バレエ団
    東京文化会館
1/18 山本貴史 ノースプラザ
1/20 奇才コルプの世界  オーチャードホール
1/21 ミハイロフスキーガラ  オーチャードホール
     ルジマトフの「海賊」アリ!
    「ムーア人のパヴァーヌ」ムーア人(オテロ)、「アダージェット」。
      結局ルジマトフの姿が脳裏に焼きついている。
2/6  ベジャールガラ ギエム 東京バレエ団  ゆうぽうとホール
     「ボレロ」「ペトルーシュカ」「ドン・ジョバンニ」
2/10 新国立劇場「ライモンダ」ザハロワ&マトヴィエンコ
2/11 上原彩子 サントリーホール
2/12 ハンブルクバレエ「人魚姫」 NHKホール
      これぞ総合芸術!!ノイマイヤーの描く世界は悲しく残酷でも
    必ずそこにそっと愛がある。
2/20 エリック・クラプトン&ジェフ・ベック さいまたスーパーアリーナ
3/14 「愛の妙薬」森麻季 錦織健 ソニック・シティ
4/25 福井敬 さいたま芸術劇場
5/3  ラ・フォルジュルネ・オ・ジャポン 東京国際フォーラム
    ベレゾフスキー ホールB5
    シュ・シャオメイ ホールD7
    イド・バル=シャイ G409
    ヴァシリエヴァ 勅使河原三郎 ホールD7
5/19 ポリーニ シューマン・ドビュッシー プログラム
    サントリーホール
5/22 ツィメルマン 3大B+シマノフスキ さいたま芸術劇場 
5/23 薪能「羽衣」 氷川神社
6/10 ツィメルマン 3B(バツェヴィチ)+シマノフスキ
    サントリーホール
6/25 新日本フィル:アルミンク すみだトリフォニーホール
6/26 ヤン・ファーブル「寛容のオルギア」 さいたま芸術劇場
6/29 アレクサンダー・ガヴリリュク さいたま芸術劇場
7/24  第73回コンセール・C ドビュッシーとカプレの夕べ
8/2  バレエ・フェス Aプロ 東京文化会館
8/9  バレエ・フェス Bプロ 東京文化会館
    バレエの楽しさを堪能。これで音楽が良ければ・・・
9/5  福井敬 カザルスホール
     リサイタル後のオフ会がまた楽しかった。
10/19 バンベルク交響楽団:ジョナサン・ノット+テツラフ
     サントリーホール
10/27 シンシナティ交響楽団:パーヴォ・ヤルヴィ+ツィメルマン
     東京文化会館
11/6  BEING GIDON KREMER  オーチャードホール
11/30 マリインスキー「白鳥の湖」ヴィシニョーワ&コルプ
     東京文化会館
12/5  レ・ヴァン・フランセ さいたま芸術劇場
12/11 福井敬&ヴィンチェンツォ・スカレーラ 紀尾井ホール
12/20 「聖なる怪物たち」シルヴィ・ギエム&アクラム・カーン
     東京文化会館

ギエム     4公演
ヴィシニョーワ 4公演
マラーホフ   3公演
ザハロワ    3公演
ブシェ     3公演

福井敬     3公演
ツィメルマン  3公演

東京文化会館    6公演
さいたま芸術劇場  5公演
サントリーホール  4公演
(東京国際フォーラム4公演)
オーチャードホール 3公演

舞踊等 13公演
ピアノ(含コンチェルト) 9公演
弦楽器中心(含コンチェルト) 4公演
声楽(含オペラ) 5公演
管楽器中心 1公演
ブルース等 1公演   

ということで、ギエムとヴィシニョーワが最も多かった。そしてなんといっても、福井敬3公演というのが驚き。

バレエでは「人魚姫」が最も印象深かった。独特の振付、舞台構成、照明、衣装、音楽、そしてシルヴィア・アッツォーニの圧倒的な演技。すべてが美しく感動的だった。それに、リアブコは目の前にいたし、ノイマイヤーは躓いて、危うく私の膝に倒れこみそうになるし・・・なんてことはともかく、また日本で観たいし、音楽だけのCDと舞台全部(マルチヴューとか)のDVD出してほしい。海外までは観に行けない人のためにぜひ!!
世界バレエフェスに関しては次々と目の前に現れるスターダンサーたちに圧倒されたが、ロホ、シムキン、オシポワ、サラファーノフ、彼女・彼等にはスーパーテクニックとともに、踊る楽しさを、コピエテルス&ジル・ロマン「フォーヴ」とかギエム&ル・リッシュ「アパルトマン」、ヴィシニョーワ&マラーホフ「ル・パルク」は彼女たちならではのスターオーラを堪能。またアニエス&ジョゼとコジョカル&コボーには目の保養をさせてもらった。他の人たちにも楽しませてもらった。

音楽では5月のポリーニ、ツィメルマンのリサイタルが最高だった。
ポリーニのシューマンは大きくて、優しくて、愛が溢れていたし、ウェーベルンやドビュッシーは次々と繰り広げられるファンタジーのようで最後のころはステージにいるポリーニの姿をみているのではなく、プラネタリウムでリクライニングチェアーに腰かけ満天の星を見上げて空想世界に遊んでいるような至福の時を過ごした。
一方、ツィメルマンのバッハやベートーヴェンは今まで私が思っていた曲とは全く別物で衝撃的だったと同時に、1台のピアノでこれほど音色も響きも次々にガラッと変えられるものなのだと感心することしきり。この人の演奏するブラームスは躍動感に溢れ、ため息が出るほど美しい。Op.119の艶っぽさは古いけどルプー1976年の録音と雰囲気が似ていたかも。バツェヴィチとシマノフスキに関しては、圧倒されてうまく言葉がみつからないが、とにかくこの人の演奏はいつもこちらの予想をひらりと飛び越えて羽ばたいていく。煌めくような音で美しい演奏をする優秀なピアニストという枠には留まっていない。
ポリーニもツィメルマンもCDなどの録音とは異なり、演奏者の描く色彩と感情の渦が聴衆を飲み込み、虜にした。今この演奏が聴けて幸せだと思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

華麗なるデュオ・コンサート 福井敬&ヴィンチェンツォ・スカレーラ

2009年12月11日 紀尾井ホール
主催:㈱グローバル ユース ビューロー

Photo

福井さんの歌唱が素晴らしいのはもちろんだが、ピアノが素晴らしくて最高だった。伴奏という範疇にとどまらず、二人がまったく同等に語り合い渡り合いスリリングな展開だった。私はベッリーニが好きなせいか歌唱のみでいうと「追憶」に魅了されたのだけれど、ピアノのリズム感が日本人ピアニストとは全く異なり、聴いたことのある曲でも新鮮な驚きをもってイマジネーションを刺激された。特に日本の歌曲が日本語で歌われる西洋音楽としてのクラシカル・ミュージックとして捉えられて紀尾井ホールのもつ響きにマッチしていた。

プログラムにスカレーラさんのサインだけあるのは、福井さんのはCDにしていただいたから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井敬 リサイタル

今週金曜日は福井敬ファンの義母と紀尾井ホールで 福井敬&ヴィンチェンツォ・スカレーラ リサイタル。

予定されている曲は

レスピーギ:霧
マスネ:エレジー
プッチーニ:太陽と愛
武満徹:小さな空
ヴェルディ:「オテロ」より”恥と悲しみに満ちて”
プッチーニ:誰も寝てはならぬ

来年2月は二期会オペラ「オテロ」で福井敬出演日も聴きに行く予定。
付き合いとはいえ、これだけ福井さんのリサイタルに出かけると私もファンの一人のような。現役日本人テノールの頂点に立つ人の声は、あの小柄な体のどこにあれだけのパワーがあるのかと思うくらい力強いし、甘美な音も抒情的に流されすぎず嫌味がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井敬 テノールリサイタル

2009年9月5日 於:日本大学カザルスホール

Photo

次々と繰り広げられる福井ワールドに、うっとりするやら、胸が締め付けられるやら・・・どの曲もそれぞれの世界が完成されていてすばらしかったのは、福井さんの歌唱力はもちろん、ピアノの河原忠之さんの力も大きかったと思う。今をときめくスター歌手でありながら、純朴な人柄が感じられる(ご本人の話されたところによると、華やかな王子さま役よりも、落ちていく男の役の方がお好きなそうで、そのあたりはレオンカヴァッロ『道化師』のアリアでも感じられた。)アンコールまで含めて、あたたかな雰囲気に包まれたリサイタルだった。

カザルスホールが今回見納めになるかもしれないと少々センチメンタルな思いを抱いていた私だけでなく、おそらく福井さんも内心このホールへの惜別の思いがあったのではないかと思う。ステージ上で正面を向いて歌うだけでなく、2階席の両翼を見上げて歌ったり、客席に下りてぐるっと一周したり、もちろん、ファンへサービスということもあるけれども、このホールの楽器としての響きを楽しんでいるようにも思われた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

福井敬 テノール リサイタル

2009年4月25日(土)
彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール

Jpg

  • 【アンコール】
  • ロッシーニ:踊り
  • ビキシオ:マリウ 愛の言葉を
  • 義母の付き添いで聴いて来たが、すばらしい美声でよかった。TVなどではよく聴くが、生で聴いたのは初めて。行ってよかった。

    ご本人はプッチーニが得意とのことだけあり、またドラマティックで有名な曲でもあるので”誰も寝てはならぬ”は盛り上がったが、私は前半のモーツァルト「コジ・ファン・トゥッテ」と後半の出だしヴェルディ「椿姫」が良かった。館内は熱烈なファンが多く来場していたようで、大変気持ちよく歌える雰囲気だったと思う。アンコールはステージを降りて客席を一周した。

    9月5日 カザルスホールである福井敬さんのコンサートに行きたいという義母のため、福井敬.netからチケットを申し込んだ。希望の席を取ってくださるとすぐに返事を頂きありがたかった。

    ***********************

    ところでカザルスホールは以前は主婦の友ビルだったものを日本大学が買い取りその後は日本大学カザルスホールだった。ところが日本大学がホールの閉鎖を発表したので、磯崎新設計のこのホールはこのコンサートが見納めになりそうだ。今後の運用方針は発表されていない(と思う)。

    | | コメント (3) | トラックバック (1)