サッカー

準々決勝 ブラジル 対 オランダ FIFA WORLD CUP 2010

毎晩遅く、あるいは朝早く、中継放送される試合は、ほとんど録画して早送りで見ているけれど、昨夜の試合はLive放送をずっと見ていた。いやぁ、ロッベン凄すぎ。本山もあんなふうになると信じていたのになぁ・・・

両チームともイエローカードをもらっている選手が多いので、始まる前からこの試合荒れそうだなと思っていたら案の定だった。前半はほとんどブラジルが主導権を握った試合だったのに、後半のオウンゴール(その後スナイデルのゴールに訂正された)から自滅していった。

今回のワールドカップでは多くのスーパースターが本調子でない中、ロッベンも故障明けだった。にも拘わらず、あのスタミナ、ヒラヒラと敵を挑発翻弄する動き、呑気にTV観戦する者には実に楽しい。メッシの調子が更に上向きになればアルゼンチンの勝ち抜け、そうでなければドイツ、パラグアイとスペインではスペインの攻撃力が勝るので、準決勝はアルゼンチン(またはドイツ)対スペイン、既に決定しているウルグアイ対オランダかな。ドイツ対スペインだとUEFA EURO 2008決勝と同じカード。だんだんワールドカップらしくなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マルディーニ、アンチェロッティ、レオナルド、そしてカカ、ベッカム

今のA.C.MILANは過渡期でそれを象徴するようなできごと。

マルディーニの引退発表。長い間本当にお疲れ様。

アンチェロッティからレオナルドへの監督交代。アンチェロティは数々の栄冠をミランにもたらしたけど、レオナルドはどうなるだろうか?親しみやすさはレオナルドのほうが上だと思うが。

カカの移籍問題どうなるのか。ミランとしては移籍金が欲しいのだろうけど。カカにとっては果たしてミランがいいのか、それともレアル・マドリッドのほうがいいのか。カカが抜けたら明らかに大きく戦力ダウンだが、彼に変わる若手が育つだろうか?下部組織から育った多くの選手が現在のトップチームで活躍するバルサだけれど、ミランもそういった組織に成れるのか?簡単ではない。

そして、短期お助け選手の中では群を抜いていたベッカムがアメリカへと戻っていった。

*********

さて、来期のインザーギは活躍してくれるのか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NBA イースタン カンファレンス ファイナル 第5戦

Cavaliers 112 vs 102 Magic

カンファレンス ファイナル 第5戦は結局キングコングことレブロン・ジェームズ率いるキャブスがスーパーマンことドワイト・ハワード率いるマジックに勝って、2勝3敗と崖っぷちで踏みとどまった。---心情的にはレブロンのほうが好き。なんかいい人でしょ。ハワードだって目立ちたがりだけど、いい人かも。

今年はイーストもウェストも接戦が続く。

UEFAチャンピオンズリーグはバルサがマンUを2-0と下し優勝。しかもボール・ポゼッションは圧倒的にバルサで、前半はメッシがポールを持つと3人がかりで寄っていくのに、かわされて、結局フリーな選手を作ることになってしまい、後半はもうメッシが持ったらあきらめて取りに行かず、結局ほとんどボールに触れないマンU。惨め。ユーロ2008でスペインを優勝に導いたシャビ・イニエスタの中盤コンビにプジョルの熱血リーダーシップがこのチャンピオンズリーグでも他を圧倒したのだけど、負けたマンU側にすればイライラし通しでフラストレーションが溜まる試合だった。

TVで見るならバスケットのほうが試合全体が見えて面白い。サッカーは大きな面で動くのに、TVがシュートシーンの再現なんかしているうちに、局面が大きく動いちゃうことも多いから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベッカム

ベッカムがA.C.Milanにやって来た。
ロナウドが去り、ロナウジーニョとベッカムがいる。
Big Clubの場合有名選手の入れ替わりが激しいのはしかたないのか。

インザーギはやっと怪我から復帰し、2試合連続後半交代出場で得点を記録。
本当に彼はプロ選手の鑑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月9日

長崎原爆の日、フィリッポ・インザーギの誕生日。ついでに大学時代の友人S君の誕生日。

セットで8月6日は広島原爆の日、やはり大学時代の友人I君の誕生日。

さらにいえば、1月17日は阪神淡路大震災の日、義兄と大学時代の友人S君の誕生日。

北京五輪の開会式は今までにない美しさだった。ラン・ランの髪型はへんだったけど・・・盛んに民族の和と世界平和をアピールしていて、そのあたりはちょっとひっかかりを感じもしたけれど、ショーの出来としては、さすがだったなぁ。TVの前で拍手してしまった。

まさに生と死、破壊と誕生。
ちょっと感傷的になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Man.United win on penalties

Man.United1-1Chelsea
Man.United (6-5) win on penalties

699697_mediumlandscape

激しい戦いだったようですが、やはりロナウドが得点して、ペナルティーキック外しましたか。シナリオどおりのような。これでMAN.Uはプレミア・リーグ、チャンピオンズリーグの2冠達成でクリスティアーノ・ロナウドがタイトル総なめ確実ですね。

699387_mediumlandscape

ランパードが同点弾を放つも、PK戦で敗れるとは・・・
チェルシーに足りなかったのは何?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アズーリ外れるインザーギ

GK Buffon  Amelia  De Sanctis
DF Barzagli  Cannavaro  Chiellini  Grosso  Materazzi  Panucci  Zambrotta
MF Ambrosini  Gattuso  Aquilani  Camoranesi  De Rossi  Perrotta  Montolivo  Pirlo
FW Toni  Borriello  Del Piero  Di Natale  Quagliarella  Cassano

インザーギがドナドーニに対して激怒したとのことですが・・・
う~ん、これまでのアズーリの勝利への貢献及び実績からいって他のFWよりもアドヴァンテージはあるはずですが・・・特に、デルピエロは復帰したというのに、とは思います。ユーロでインザーギをみられないのはとても残念です。確かにテンションが下がります。

大きな試合になるとテンションと集中力が上がって活躍するジノビリとかインザーギのような選手は頼りになるのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルイ・コスタ

先日現役引退を発表したルイ・コスタがベンフィカのスポーツディレクターに就任とのこと。
ルイ・コスタはフィーゴ等と共にポルトガルの黄金世代といわれたけれど、同じポルトガル出身で今や飛ぶ鳥を落とす勢いのクリスティアーノ・ロナウドやオールラウンダーのデコと比較してもファンタジスタとしての華やかさは色褪せることはないと思う。
これからは、経営者として活躍してくれることでしょう。

好きなサッカー選手がイタリアやポルトガルに多いのは確かだけれど、さほど意識してはいなかった。家人や友達に”ラテン好き””イタリア的”といわれ、初めてなるほどと思った。確かにイタリア人もイタリアの街もイタリア料理も好きだけれど、”イタリア的”はないと思うけどナ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリニータ 鈴木慎吾

大分トリニータに期限付き移籍している助っ人鈴木慎吾。J1残留を決めた前節に続いて最終節古巣新潟ビッグスワンでの得点。以前も京都パープルサンガを救いに行き、またか・・・と思ったが、結果を残せてよかった。

来期以降はどうするか分からないが、彼も自分の信じる道を貫いて欲しい。
在籍したのがマイナーチームばかりで、当時は弱かった浦和レッズを解雇された後、一時期勤め人になったこともあり、どんなことにもめげずに前向きな姿は感動します。メジャーチームに所属できれば、もっと注目されるに違いないのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アントラーズ逆転優勝

棚ボタといってしまえばそうなのだが、前節天王山の浦和戦に勝ったことが非常に大きかった。ACL優勝でそれまでの疲れがでて、気力が萎えてしまった浦和レッズ、昨季UEFAチャンピオンズリーグ優勝したACミランが今期セリエAではまったく精彩を欠いていることをみても、試合が多すぎなのだと感じられる。来期のアントラーズにとっては他人事ではない。

このところ日本代表から遠のいた1979年生まれの元代表曽ヶ端、本山、小笠原をはじめマルキーニョス、岩政、大岩、希望の星内田、鬼神の如き活躍でした。そしてオリヴェイラ監督、これまで名門チームを数々率いてきただけあってさすがのチーム掌握術でした。本当にお疲れ様。

最終節チームの二点目となったミドルシュートは素晴らしく、決まった瞬間感激の涙がこぼれました。普段は自分が目立つことより、チームの勝利に寄与することを優先する本山ですが、特別な状況下においては本能的に得点するのがいかにも彼らしいと感じられました。

本山ファンからすると、今期の本山の特に守備における献身はじつは人が言うほど特別なことではなく、これまでもかなり頑張ってました。今回やっと本山にスポットライトが当たったことに関して私は小笠原の変化に多少の驚きをもちつつ感謝しています。渡欧前の小笠原は俺俺という自意識過剰で、本山の良さを生かしていませんでしたが、出場機会に恵まれないままアントラーズに復帰した彼は、精神的に成長したようでした。来期はチームフロントが中田浩二の獲得を目指すらしいですが、彼も小笠原のように精神的に一回り成長していてくれることを願います。

あっ、チーム内での覇権争いなどより、本山自身の海外移籍の話って結局どうなっちゃったのでしょうか?
私としては、活躍できるかどうかなどと心配するよりも、時間が限られた選手生命なので(カズのように40過ぎまでできればまだ先は長いとも言えるが)、やりたいことを思い切りやって欲しい。これまで背番号10をもらったことと引き換えに’影で’長いことチームを支えてきたのだから。と思いつつも、代表を外されているこの情況で、海外移籍なんてできないか・・・なぁ。

サポーターのために優勝報告会を東京ディズニーランドでやるというプランがあるようですが、まさか本山が好きなTDLで本山の送別会とか言うわけではないでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)