グルメ・クッキング

2015年3月27日 (金)

フライパン

少し前に合羽橋の釜浅商店で予約した鉄製26cmのフライパンが届いた。
Img_1590s

油紙を開けたところ
Img_1591s


これまでいくつものフライパンを使ってきた。鉄製、テフロン加工のもの、セラミックコーティングのもの大小様々、片手、両手。テフロン加工やセラミックコーティングはいずれ傷がついてそう長くは使えない。その点鉄製は少々重いけれどいつまでも使える。これは鍋の内側に持ち手を止める鋲がないので手入れが楽そうだ。

合羽橋の道具街に行くと様々な調理道具があって目移りがする。

既に持っている銅製錫引きの卵焼き器とかおろし金などは、結構いい値段で買った記憶がある。ところがもっと手頃な値段で同じようなものがあった。

フライパンとホーロー引きの片手鍋とポットが目的だったのだけれど、買い物に行ったのが日曜日だったため、3割くらいのお店しか開いていなかった。土曜日だったら、ほとんどのお店が開いているそうなので、次回は土曜日に行こう。

2011年7月 3日 (日)

カルピスバター

カルピスバターを使う前は10年くらい主によつばバターを使っていた。でも一度その味を知ってしまうとカルピスバター以外使う気がしなくなった。ところがいつも買っているスーパーでは現在入手しづらい状況。出荷制限がかかっているらしいけれど、これも震災の影響か原発の放射能汚染の影響なのだろう。通販でも一人一個とか二個までと制限されているようだ。バター2個にクール便の送料が加算されるとコストパフォーマンスが悪い。なんとか近所で入手できるお店を探しだしたい。

バターの宣伝文句に本場フランスのバターに近いというキャッチコピーをよく見かけるが、スイスの首都ベルンの小さなホテルで食べたバターは香りが良く、程良い甘みがあっておいしかった。自家製バターだったのかな。ヨーグルトはヨープレイトダノンだったけど・・・
当時の旅行資料を調べたら現在のホテルと一致しない。資料が間違っているのか、それとも廃業したのかしら。

*****************

おべんとうブログをしばらく休止しています。おべんとうはほぼ毎日作っているのですが、震災後の環境の変化でおべんとうのあり方を少し考え直しています。再開までもうしばらくお待ちください。

*****************

2011.07.04

灯台もと暗し。近所の○トーヨーカドーに、業務用(有塩・無塩)と特選(無塩)はなかったが、特選(有塩)は置いてあった。いつも買っている店に比べると割高なのでとりあえず一個購入、1415円也。
この地域はスーパー激戦区で、コンビニよりスーパーの方が多い。駅ビルにある○城石井、クイーンズ○勢丹にデパ地下を合わせると、一通り市場調査するのも大変。

さて、もう少し当時の資料を見ながら現在のホテル・リストを見比べると、当時のalfa garni berne はSorell Hotel Ador Berneに変わっているようだ。
早起きして人通りのない街を歩き、ウンタートゥーア橋から見た朝靄のかかった景色と澄んだ空気が忘れられない。
当時はこの街が世界遺産だなんてことは知らなかったけれど、まるでメルヘン世界に飛び込んできたような小さなこの町が首都だと聞いて驚いた。もっといろいろ観てくれば良かったのに、ベルンからジュネーヴまでの移動中に見た、崖に沿って走る道路の余りにも細長い橋脚が日本人の目には華奢過ぎて「この国には地震がないんだ。」との印象が強烈に残っている。

2011年3月10日 (木)

≪芹の豚ロース巻き 焼き蕪&トマト スナップエンドウ 粉噴き芋 林檎 ガーリックライス≫

Crw_7537

2011年3月 9日 (水)

≪豚バラ肉と白滝のすき焼き風 大根サラダ スモークサーモン大葉巻きレモン風味 伊予柑 アスパラガスの塩焼き≫

Crw_7534

2011年3月 8日 (火)

≪三つ葉入り出し巻き卵 茹で野菜 キャベツと桜蝦のサラダ 焼き鮭≫

Crw_7530

≪メカジキと山芋のジェノベーゼソース スモークサーモン カリフラワー ブロッコリー ミニトマト≫

Crw_7528

2011年3月 4日 (金)

≪ウドのポークロール 人参の艶煮 野菜のグリルチーズ蒸し≫

Crw_7524

三つ葉入り出し巻き卵を作ったのを入れ忘れた。何か足りないと思ったけれど・・・

人参の艶煮というか和風グラッセ。
鰹昆布だしに蜂蜜を入れて人参を煮詰めて、
汁がカラメル状になったところで火を止める。

椎茸は原木栽培のものを。
薄切りにした南瓜はグリルで軽く焼き
半分にしたミニトマト
筋を取った絹サヤ
軸を外した椎茸は表面に十字の切りこみを入れる。
それらを皿に並べて軽く塩を振り、
シュレッドチーズをのせて電子レンジで加熱。
チーズが溶けて絡んだら出来上がり。

ウドは適当な長さに切り皮を剥く。
豚ロース肉をバットに平らに敷き塩胡椒
肉でウドを巻き
時々転がしながらフライパンで蓋をして蒸し焼き。
蓋を取り、料理用日本酒と醤油を刺して
水分を飛ばしたら出来上がり。

2011年3月 3日 (木)

≪牛ロースステーキ 椎茸の素焼き プティヴェールとカマンベールの蒸し物 トマトサラダ 焼き鮭≫

Crw_7522

≪豚ロース肉と林檎の重ね焼き ジャガイモとウドの白味噌煮 アボカドのわさびマヨネーズ和え 伊予柑≫

Crw_7519

2011年3月 1日 (火)

≪ペスカトーレ・コンキリエ メカジキの醤油バター焼き ジャーマンポテト≫

Crw_7515

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ